北里大学医学部(特待)の現役合格体験談 田ノ井有華(桐蔭学園)

私がメディカルアークに入塾したのは高3の途中からでした。 それまでの私は現役で医学部に合格したいという気持ちは人一倍強かったので、勉強時間はかなり多かったものの、その内容は自分が好きな化学と生物に偏り、苦手な英語や数学にはあまり手を付けていませんでした。このような偏った時間配分のせいで特に数学で周りと大きな差がついてしまっていました。焦った私は急いで予備校を探し、多くの予備校の中からメディカルアークを選びました。

その理由は、1.先生方が医学部の受験に精通しており、受験のポイントをおさえていたということ2.先生方との距離が近く、親しみやすいな雰囲気だったので質問がしやすいと思ったということです。
授業は、直前期までは苦手な数学をマンツーマンで丁寧にご指導いただき、英語は演習授業を取っていました。


具体的にメディカルアークの先生から教えていただいたことは、とにかく全科目バランスよく勉強すること。苦手教科の克服に時間を使うこと。1日ごと、1週間ごとの目標と計画を立てること。など、授業以外の自習内容や時間の使い方を指導してもらいました。
実際に授業をする講師の方もすごい方たちばかりですが、やはり授業時間以外に細やかに対応、指導してくれたことがより勉強への意欲や理解力に繋がったと思います。

 

苦手だった英語の勉強では、最低でも毎日長文を1題読み、通学時間に単語や文法を覚えることでした。苦手だった数学は焦らずに基礎を固め、理科は自分の穴を埋める作業に集中しました。そして受験までの直前期では、全科目の授業を取って理解をより深めました。その頃まで1次試験に合格しなければ元も子もない!と思っていたので、小論文や面接の対策をまったくしていませんでしたが、直前期に小論文の授業を取り、基本的な小論文の書き方、面接での応対の仕方などを丁寧にご指導いただきました。

 

初めての受験で不安も大きかったのですが、今まで自分が積み重ねてきたことを信じて受験を迎え、無事現役合格することが出来ました。私が医学部に合格出来たのは先生方の手厚いサポートと、辛い受験生活を支えてくれた両親のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

合格体験談・インタビュー

すべての体験談一覧を見る