私は高3になると同時に部活の先輩の紹介で入塾しました。

当時、私の成績は下降線を辿っており、医学部志望とはとうてい言えないレベルでした。そんな中、出会ったのがメディカルアークの先生方でした。

 


マンツーマンの授業では、苦手な分野の復習などをしてもらい、弱点克服することができました。

まず英語についてですが、毎回ある単語テストでは必須の単語だけでなく医学部特有の医療系単語のテストもあり、入試ではとても役に立ちました。また文法なども様々な工夫がなされた教え方で苦手だった文法も点数が取れるようになりました。

 

読解に関しても医学部入試に頻出の内容を重点的にやり、同時に英文の読み方を学ぶことで英語がどんどん得意になりました。音読シートも作ってくれるので、毎朝必ず音読をし成績を上げることができました。


次に数学についてですが、単に公式を覚えるだけでなく、どうしてそうなるのか考える大事さを教わりました。そうすることで、より理解が深まり楽しく数学に取り組むことができるようになりました。また計算ミスを防ぐ様々な工夫も教わり、悔しい思いをしないですむようになりました。直前期では志望する大学の過去問を一緒に分析し合格へと導いてもらいました。

 


最後に理科ですが、理科は他科目と比べて独特な解法が多くメディカルアークの先生方はその解法を数多く持っています。苦手な分野も先生方の解法のおかげで得意になりました。化学では、莫大な量の課題が出されることもあり諦めかけた時もありましたが、なんとしても現役合格したかったのでやりきることができました。また直前期の予想問題では、大問丸ごと当たりそのおかげで合格できました。物理の予想問題でも大問丸ごと当たりました。メディカルアークの先生方は、単に教え方が上手いだけでなく問題を当てる勘も一流です。

 

集団の授業では皆が医学部志望という重圧の中、授業を受けることができ精神的に強くなれたと思います。
質問をした時は、分かりやすく丁寧に教えてもらえました。また、自分専用のブース型自習机やロッカーがあるので、荷物を置いて帰れて便利です。部活をやっている人は最後までやり続けるべきだと思います。
部活をやり続けたという自信が合格に繋がると思います。本当にメディカルアークの先生方には感謝をしています。
医学部を目指す現役高校生の皆さん、メディカルアークに入りましょう。

 


 

浅野学園卒
山村拓也