no image

自分が入塾したのは2013年4月6日、開校式の前日でした。

繰り上げの電話が4月に入っても来ず、落ちこみながら予備校を探していたところ、メディカルアークを知りました。

すぐさま学校見学に行き、体験授業も受けずにクラス分けテストを受け翌日からは「本科クラス」というスピード入塾でした。

「医学部予備校は恐い」という先入観があり、初めて厳しい校則やスパルタ授業を自分が生き延びることができるのか不安な部分がありました。ですが優しい先輩、明るい同級生、自分たちを頼りにしてくれる後輩に巡り会うことができ、毎日本当に楽しい予備校生活を送ることができたと思っています。

勉強面に於いては、常に入試に直結するような内容の詰まった(時に笑いありの)授業を行い、生徒の質問にどんなときでも可能な限り答えてくれる講師陣の全力のサポートのおかげで、”授業➡復習➡完全理解”という流れのある学習を1年間通して行うことができました。

 

苦手科目の英語については、T.A.(ティーチングアシスタント)から教えて頂いたオススメの参考書や自身が実際に行っていた勉強法をもとに、自分が1番集中することのできる朝の時間帯に英語を勉強するよう、自習スケジュールを組み直し毎日英語に触れるように努力しました。そういった自分に最適な勉強法を見つけられ、そのためのアドバイスを常にして頂けるという柔軟性の高さとサポートの厚さというのもメディカルアークが誇ることのできる点だと思っています。

 

共に学び、互いに互いを高めあった仲間、様々な面でのサポートをして頂いたチューター・教務の方々、そしてなによりも常に自分たちの為に全力で指導してくださった講師の方々に囲まれ、私はとても充実した1年間を送り、医学部に合格することができました。 本当にありがとうございました。さあ、受験生の皆さん。次はあなたの番ですよ!

 


 

東邦大学医学部合格
今中大起(高輪学園卒)