日本大学(医学部)の合格体験談

日本大学(医学部)の合格体験談
  • 広尾学園高等学校 卒
  • 藤原 太雅 さん

医学部合格データ

入試方式
一般入試
合格大学
日本(医)、杏林(医)【正規】、聖マリアンナ(医)【正規】、岩手医科
在籍コース
高卒生本科コース

受けないと損をする授業がここにある!

1年間、誰よりも早く登校し無遅刻無欠席で、自分に厳しかった藤原くん。ストイックに受験に向き合った彼に合格体験談をインタビューしました。

医学部進学をめざしたのはいつごろですか?そのきっかけは?
藤原くん:意識し始めたのは、中学2年生の時に母がくも膜下出血で倒れた時です。
その時に担当してくださった先生にとても良くしていただいたので、そのことがきっかけになったと思います。
なぜメディカルアークを選びましたか?
藤原くん:合格実績の高さは要因の一つになったと思います。
また、他の塾では紙媒体などの広告費にかなりお金をかけているイメージがあり、「学費もそこに行ってるのかな?」と不安がありましたが、メディカルアークは無駄なところに支出があるようには見えず、クリーンな塾なのではないかと判断し入塾しました。
当校に入学してから実際の授業や指導内容、講師の指導対応はいかがでしたか?
藤原くん:「合格のための知識は全て提供してくれる授業」というのが私の印象です。
悪く見てしまえば、苦手な教科があると少し厳しいと感じてしまうことがあるかもしれませんが、少人数制授業なので先生に質問もしやすく、その人にあった学習プランも提案してくださいます。一人ひとりに目が行き届いているということに優るものはありません。
予備校内での生活はどうでしたか?
藤原くん:私は友達を作ってしまうとだらけてしまうことは目に見えていたので、あえて作りませんでした。
ただ、スタッフの方や講師の方々には話しやすいような環境作りをしていただいたので1年で苦に感じることは一度もありませんでした。
メディカルアークの講師陣はいかがでしたか?
藤原くん:受けないと損する授業を毎度毎度提供してくださっていました。
特に物理に関しては、あれだけ苦手だったのに入試本番には得点源になっていました。 本当に受けて良かったです。
医学部合格の秘訣はどこにあったと思いますか?
藤原くん:自分のペースを早い段階で掴み、どんなことがあっても最後まで諦めないこと。
最後に、受験生にメッセージをお願いします。
藤原くん:私は恥ずかしながらカロリーメイトのCMで見かけた言葉に1年支えられてきました。 「うまくいかない時に、それでも続ける努力を底力って言うんだと思う。」という言葉です。
みなさんもぜひ”底力”を出して頑張ってください!!
藤原_合格体験談