私が、横浜市内にある数ある予備校の中で大手予備校でもなく医学部専門のメディカルアークを選んだ理由は、横浜駅から徒歩5分圏内にあり通いやすいこと、そして「少人数制の集団授業」と「個別指導」が自分の目的や志望校に合った指導をしてもらえると判断したからです。

 

英語が不得意だった私は高校2年の時、英語の個別指導を受けました。
その時先生にお願いした目標が「センター試験9割突破」でしたが、実際に高校2年の1月に受験した「センター試験当日体験受験」で9割以上の得点をとることができました。

もちろん本番で9割以上得点し、これはセンター試験を利用した受験で結果を出すことにつながったと思います。

 

高校3年生になってからは、寺島先生の「個別指導」と、寺島先生が担当していた「特別講座」を併用することで、不得意科目だった英語が得意科目になりました。

英語は、受験のためだけではなく、大学でもまた社会人となった時も必要になってくると考えていましたので、メディカルアークで英語の力をつけたことはこの先の私の財産になったと思います。

 

数学と化学については、高校2年生の時、現役生クラスで基礎を身につけました。授業を先取りするようなかたちとなったため、学校での成績も安定し、自信を持てるようになりました。

高校3年生では、特別講座を受講し、ステップアップを図りました。特別講座はレベルの高い授業ですが、先生のわかりやすい授業は現役生の私でも十分についていくことができました。

 

私はつらく苦しいイメージを持っていた受験期でしたが、メディカルアークは教室、自習室の環境も快適で、また授業は常にわかりやすく、時にはおもしろく、工夫されておりゆとりを持って過ごすことができました。その結果、自然に学力にが身についたと思います。


最後にメディカルアークの講師の先生方、スタッフの皆様、2年間お世話になりました。