【高校3年生】2019年医学部入試残すところあと4ヶ月!受験直前最終準備対策

医学部受験専門予備校メディカルアークホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

昨今の医学部受験を騒がせている東京医科大学得点調整(操作・一律減点)問題で、
はじめて私立医学部を受験する現高3生の方(保護者の方)は、入試まで残り4ヶ月に迫りこの問題発覚を受け、どう対処・対応すれば良いのか、不安を抱えている方が多いと思います。

 

しかし、こうした入試の不透明性については今にはじまったことではなく対策できることはありません。

医学部への多数の合格実績を持つ我々予備校として受験生に伝えることは、

とにかく”一次試験の点数を取り切る”この一点だけです。

 

学力は受験中でも伸びていきます。そのためにもここから自分に合った適切な学習内容と戦略をしっかり考えるべきです。

 

例えば、

過去問の取り組み方・いつからはじめるのか、

夏を過ぎたこの時期から注力する科目は何か?等、

今回のような問題に”左右されない勝つための受験戦略指導”を一人ひとりに合わせてご提案します。

 

 

メディカルアークの高3生受験対策とは

◯プロ講師完全1対1の個別指導(1回2時間から)

まずは、学力テスト及び直近で受験した模試から詳細な分析を行い知識の穴を埋める作業が中心です。

理解できた問題を必ず実践形式で解く演習を行い、医学部頻出問題演習へと展開していきます。

 

◯T.Aの学習指導・質疑応答・受験アドバイス(無料無制限)

個別指導の授業で”理解できた”、”わかった”と思っていても、いざ実際の試験では解けない、という受験生がほとんどのはずです。

これは繰り返し解くという反復の作業が足りていない証拠。

基本的には生徒が主体的に自主学習の中で行うものですが、

メディカルアークでは習ったことを実践で使えるよう、入試対応力を身につけるために強制的(義務化)反復学習を授業の一環として行います。

保護者の方の医学部受験準備

はじめて医学部受験を迎える保護者の方は、

入試情報(変更点や入試日程など)や出願方法・入試会場などしっかり把握しておくことをお勧めしてます。

 

医学部専門予備校以外のところでは出願のことまでサポートしてくれないことがほとんどです。特に私立医学部はウェブ出願が主流になっていますので受験生一人では対応しきれません。(例えば川崎医科大学は、ウェブ上で志望理由書・自己PRを入力する必要があります。他大学にも多数ありますのでサポートが必要になるでしょう。)

 

出願日に間に合わなかったということがないよう、必ず保護者の方が代理または横についてサポートしてあげるのが良いと思います。

 

メディカルアークなら受験生一人ひとりの願書撮影から出願登録や、入試日程一覧など受験が終わるまで完全なサポート体制です。

医学部受験についてご不安な方はぜひ当校までお問い合わせください。