私立医学部受験を専門に指導する医学部予備校MedicalArk

学習システム

メディカルアークは、すべての科目において医学部受験に高い指導力と実績をもった講師のみを採用しており、毎年高い合格率を維持しています。国公立医学 部をはじめ私立医学部、さらに他の学部においても、生徒一人ひとりの志望校に応じたカリキュラム・対策講座・入試情報・小論文・2次面接にいたるまで、合格に必要なものはす べて提供し、卒業する最後の最後までサポート致します!

私立医学部受験合格力の特長

「数学力」の徹底強化

メディカルアークの最大・最強の特徴は、「数学徹底強化」のポリシー。何故ならば、受験を制するには、数学を制す必要があるからです。本校の数学の授業時間数は、週10時間、1日2時間、週5日間の数学の授業が組み込まれます。年間の授業時間300時間。他予備校の25%多い指導が受けられます。集団授業に加え、夜間の指導時の強制学習など、生徒ごとのカルテに基づきプログラム化し、偏差値65超えを可能にします。

教科別クラス編成・少人数授業

入校直後に実施する実力判定テストの結果を基に、本校生徒は、それぞれの実力に応じた教科別レベルのクラスに配属されます。例えば、徹底強化の数学は、Sクラス、Aクラス、Bクラスのように3段階にレベル分けをします。基礎力の補強が求められる生徒は、クラスBからスタートします。年6回実施されるチェックテストで結果を出し、次のレベルのクラスへ進んでいきます。
各教科レベル別クラスは、6〜9名の少人数で編成し生徒一人ひとりに十分な指導サポートが可能です。

私立医学部用テキスト

メディカルアークでは、医学部受験一筋のベテラン講師陣が毎年、全国の私立医学部入試を分析。傾向と対策を徹底的に練ります。各教科ともに、基礎から応用、発展問題まで、難易度別に問題を序列。それぞれの教科で指定されるテキストをとことん学習すれば、数学を得意とする受験生になることができます。

マンツーマン集中特訓

メディカルアークの「個別指導」は、1セッション100分間(50分間×2)で展開される担当講師と1対1のマンツーマン授業です。集団授業と連動させることで、各教科・単元の基礎を強固なもにするとともに、応用、発展、実践問題への柔軟な対応力を養います。

自習時間配分までも計算された週間カリキュラム

メディカルアークは、授業時間、自習時間、課題をこなす量まで、完璧に計算された学習プログラムを用意しています。受験生にありがちな、課題におわれ復習する時間がなかったということは起こりません。予習も復習もすべてメディカルアークで行い、わからないところはプロ講師&現役医大生がバックアップします。

課題提出の義務化・担任チェック

メディカルアークでは、自学自習で使用する教材や書籍、やるべき学習内容に至るまで、すべてを管理します。課題の提出も細かく添削指導します。

校長が自ら、生徒全員の学力・成績を把握。教科指導はもちろん、学習計画、入試対策など、医学部受験のすべてをアドバイス!

本校校長は、生徒全員の学力、成績を把握し、定期試験や模試の結果などを分析。 定期的に行う生徒との個別面談で、学習指導、学習計画の作成など、今生徒に何が求められているかを的確に把握し指導します。そして、必要に応じて逐次軌道修正をしていきます。「なぜ結果がでないのだろう」「何故分からないのだろう」という疑問に、即座に対応していきます。このことが、1年間の学習で、生徒を医学部合格に導く、大きな力になっています。